イジゲンイジゲン

お知らせ

[関西]外食ビジネスウィークにてセミナーを行いました

5/14(火)〜16(木)の3日間にわたって「関西 外食ビジネスウィーク」が大阪にて開催され、サブスクリプション(定額制)・プラットフォーム「always(オールウェイズ)」が出展いたしました。
今回の出展は、京都で代理店パートナーとして活動していただいているイーエスエヌ株式会社が舵を取ってくれました。

外食ビジネスウィークの様子

また、2日目の15(水)には、定額サービスを使って店舗の閑散時間を活用する方法についてイジゲン広報担当の佐藤がセミナーを行いました。

出展・セミナーでは飲食店を経営されている方や関わりのある方々とお会いすることができ、定額サービスのメリットを伝えることができました。
「飲食は原価がかかるから、定額制なんてしたら安売りになり損してしまう。」と思われがちですが、飲食店でも定額制を用いることにより、収益向上見込むことができます。

なぜなら、定額制をすることによってこんなメリットがあるからです↓↓↓↓↓
①毎月、固定売上が入る
定額制にすることで月々、固定の収入が入ってくるようになります。固定の収入が入ると、仕入れや仕込みの見込みを行いやすくなり、仕入れ過ぎによる食材廃棄や売り切れによる機会損失を防ぐことができます。

②顧客のデータ蓄積ができる
「どんなお客さまが来店されますか?」。これは、実際にわたしたちが店舗さまにヒアリングするときに聞いている質問ですが、必ずと言っていいほど返ってくるお返事は「だいたい◯◯なお客さまが多いです。」というアバウトな回答です。
定額制を用いることにより、顧客の性別・年齢・来店時間や頻度などが数値としてデータ蓄積ができます。
データ蓄積ができるとそれらを分析し、その店舗の顧客嗜好に合ったドリンクやフードの商品開発が可能となったり、混雑時間・閑散時間を正確に把握し、閑散時間の有効活用方法を見出すきっかけに繋がったりします。

③追加購入の促進ができる
定額制にすると、顧客はできるだけ元を取ろうと利用頻度が高くなります。
顧客の利用頻度が高くなるとつまり、その顧客は常連客化し、店舗スタッフとも顔なじみとなり、コミュニケーションを取りやすくなります。すると気軽に新商品のおすすめなどができるようになり、自然と追加注文(ついで買い)を促せるようになります。

①で固定収益を、②・③の部分でついで買いを促進し売上げ、定額制でない都度払い(ワンショット)収益も得る。こうすることで、全体の収益アップにつながります。
定額制を導入するメリットの図

では、収益が上がるとどんなことができるでしょうか?
例えば、新しい事業や店舗展開をできたり、銀行からの融資を受けやすくなったり、より設備をよくするための設備投資を行えたり・・・などなど。
さまざまなことに挑戦する可能性があります。

そんな可能性を秘めているalways。alwaysは、毎月の流動的・不安定な売上の一部を安定・継続的にしていくため、店舗さまがオリジナルの定額サービスを提供できるインターネットサービスです。

今回は飲食店の方々に向けたイベント出展でしたが、alwaysでは、健康・美容/エンタメ・レジャー/ショッピング・・・など、様々な業種の定額サービスを取り扱っております。

出展・セミナーでは、さまざまな店舗さまからご登録をいただくことができました。
ご登録いただいた店舗さまのワクワクする定額サービスをalwaysで作り、盛り上げていけるようイジゲンとイーエスエヌ共々、精進してまいります。

【alwaysへのご登録・お問い合わせについて】
店舗さまの登録はこちらから!
ご質問・ご相談のある方はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

Share it

  • はてなブックマーク

2019.05.17

カテゴリー