イジゲンイジゲン

お知らせ

【SEAT】ぶっちぎりの閲覧数!野菜果物の定額取り放題が超人気の八百屋ダエンに突撃取材!

みなさん、こんにちは!広報のゆうこりんです!

いよいよ寒波が押し寄せて来ました!冬がやって来た感じがしますね!小春日和な12月は幻のようです…。

12月はクリスマスや大晦日など、1年を締めくくる楽しいイベントが目白押しですね♪
唯一悲しいイベントは…そうです、ついに今月末でSEATの実証実験が終了しまうんです(涙)。
しかし!2019年の2月以降には、装いも新たに全国版としてリニューアル予定ですので、どうぞお楽しみに!

さて、これまでSEAT上で話題となった3店舗のインタビュー記事をお送りしてきました。
11/27にご紹介した記事:驚愕のお得さ、月額¥1,000で「晩ご飯食べ放題」プランのLAFF+さん
11/28にご紹介した記事:全プランを爆速で売り切れにしたボードゲームカフェJOGOさん
11/30にご紹介した記事: キャッチーな名前で異彩を放つ便利屋『パッシリー』さん

今回は、SEAT上だけでなく世間でも「この値段はありえない!」と人々を驚かせ続けたプラン、「月額¥3,000でいつ来ても野菜・果物取り放題のプラン」を提供されている、豊後大野のハイパー過ぎる八百屋さん、ダエンさんのご紹介です!

八百屋ダエン

ダエンさんの話題のプランは、SEATのリリースから現在まで(10/1〜12/5)のページ閲覧数がズバ抜けており、SEATの中では文句なしの第1位なんです…!第2位と比べても約2倍の閲覧数。SNSからの流入も多いので、かなり注目されていることが分かります♪

「どうしてこんなに注目されることになったのか…?」
「何か特別なことをしたのか…?」

数々の純粋な疑問と、来年の全国展開に向けてダエンさんのような「圧倒的な話題性」をどうやれば再現することができるのか。。なにか有益なヒントを見出したい想いで、突撃インタビューを行わせていただきました!

ダエンは、想像よりも近かった♪
八百屋の「ダエン」は、大分の中心地からかなり離れた緑豊かな地域:大分県豊後大野市というところにあるんです!
住所はこちら↓↓↓(リンクをクリックするとGoogle Mapが開きます)
大分県豊後大野市三重町芦刈1667番地
*さらにずっと南に行くと、あのジブリの「トトロのバス停」があるようですよ!

「豊後大野か〜。。山道とか通るのかな〜…」と、わたしも勝手な偏見がありましたが…
*大分生まれ大分育ちです!
写真のように遠く近く山々はありつつも、道中には荒れた山道も坂道も無く、普通に平坦な感じで道が続いていきます。おかげで、かなりスムーズに到着♪ これは意外でした!
ダエン 道のり
<大分市内からのだいたいの道のり>
・「中判田」地域を抜け、大野川沿いを進む
・犬飼あたりの橋を渡ると、たまに鳥居が見えるのどかな田園風景が広がる
・道の駅「みえ」を過ぎた辺りから、チェーン店が立ち並ぶお買い物エリアに変わる
・Mapを頼りに普通車が通れる細めの道を進み、線路を越えると、ダエンに到着!

建物には「ダエン」という大きなアートや、おなじみの「八百屋」という緑色の大きな垂れ幕がかかっていたりするので、道のりのフィニッシュはとてもわかりやすかったです♪ 

「あったー!ついたー!」みたいな感じ。
お店の前には駐車スペースがあるので、混雑していなければ余裕で車を停められます。

山々に囲まれた伝統的な田園風景には癒やされます…
道中、インバウンド旅行客が大喜びしそうな大きな鳥居などもあったので、ちょっとした小旅行気分で “JAPAN” っぽいものを探してみるのもいいかも♪
ダエン 外観

いよいよダエンの実態に迫る!!
到着したお店に入ってすぐ、私達を出迎えたのは…
快活でお若いイケメン店員さん(わたし好み♥)と、窓際にそびえ立つ玉ねぎタワー!
玉ねぎタワー フォトジュニックタワー
「これがうちのフォトジュニックタワーです♪」と、ダエンの店員さんは爽やかなドヤ顔をされておりました!
フォトジェニック推しの文章も可愛いですが、それより気になるのは…
「一生玉ねぎ20円」の文字!! 一生?!
*ダエンさん独自の無料会員になることが条件。SEATのサービスとは別です♪

「遠いし、会員証作る必要はないかなあ。。」と思われる方もいらっしゃると思いますが…
なんと! 会員証をお持ちのお客様は約700名もいらっしゃるそう!(2018年12月10日現在)

しかも、そのうちの半数近くのお客様は、車で50分かかるはずの大分市側の方々…!
もちろんその他の地域の方々も複数名いらっしゃるそうです♪

実はダエンさんは、約半年前(2018年の夏頃)にオープンしたばかりの、とっても新しい八百屋さんなんです♪
普通に考えて、一般客向けには立地条件が厳し過ぎるし、かなり小規模な店舗…
それでもこの人気というのはほんとに凄い。とってもハイパーな八百屋さんなのです!

気になり過ぎる「毎日野菜・果物取り放題」をチェック!
リリース時からSNSやメディアを騒がせまくった、「月額税込み¥3,000で、いつ来ても野菜や果物が取り放題のプラン」。。
実際どんなものか、弊社で会員パスを購入している多田の様子をレポートいたします!

店内に並んだ野菜たちは、こんな感じです♪
ダエン 野菜
ダエン 野菜
普段から約20種類の野菜や果物が並んでいます。
この写真を撮ったのは平日の16:00頃なので、夕方ということもあってか売切れ状態の野菜もちらほら…。

店員さんにお聞きすると、やはり昼過ぎ〜夕方頃に来られるお客様が多いようで、
「16:00〜17:00の間で売切れになってしまうことは少なくないですねー」とのことでした。

さすがにSEATの定額パスをもってしても、「箱ごとぜんぶ持っていく!」みたいなことはNGで、ちゃんとルールがあります♪

<取り放題のルール>
・ダエンの指定袋(25cm×25cm)があり、それに入らない場合は持ち帰りできない
・加工品・除外品などの商品は含まれない
・店舗内に陳列している青果・果物(約30アイテム)のみが対象(希望の商品がない場合もある)
・このサービスは一般のご家庭向け(飲食店は別途相談)
・状況により、サービス内容を変更する場合がある

店内にもSEATをご利用の方向けにダエンさんからのお願いが書かれていました(手書き)。
取り放題のルールと合わせてご利用ください(^o^)♪

ルールに記載されているように、SEAT対象外の商品も中にはあるのです。
SEAT対象外 卵
写真のたまごのように、分かりやすく「SEAT対象外」と記されていますね♪
よくわからないときは店員さんに聞いてみましょう。

SEAT対象外 加工品
健康に良さそうな加工品もたくさんあるのですが… 残念ながらSEATの定額プラン対象外です。。
ちなみに弊社多田は、野菜・果物取り放題とは別で、「ピーマン味噌」を購入していました。もし「SEAT対象外でも買いたい!」という場合は、別途レジでお支払いをお願いします♪

わたしが店内の写真を撮りつつお話を伺っている間、いつのまにか生活仕入れスイッチが入った多田。。
ダエンさんから支給された指定袋に、ひょいひょいと詰め込んで
SEAT ダエン 野菜取り放題
こんなに入りました!!

<内訳>
・にんじん3本
・じゃがいも1袋(5〜8個)
・バナナ1房(5〜6本)
・りんご2つ

ダエンにおける正規の金額で言うと… なんと、¥1,000以上!
これが毎日取り放題なんですよぉおおおお!! ダエン、ヤバい!!

ちょうど年末だし、寒波が押し寄せたりでお鍋やおでんで身体も温めたいし、でも最近お野菜高いし… みたいな方にはピッタリ過ぎやしませんか!
野菜オンリーとは言いませんが、毎日ちゃんこ鍋みたいなことやっても大丈夫なんじゃないかと思ってしまいます…!

SEATのダエンさんページはこちら
https://seat.town/providers/45

しかし…心優しいわたしは、完全にお店が心配になってきました!
やけっぱち? 自暴自棄? どういう運営になっているのか、早くオーナーにお聞きせねば!

インタビューは、豊後大野市の人気カフェで♪
インタビュー当日、「人気のカフェがあるので、そこでインタビューしてください!」と、場所のご指定がありました。
ダエンさんの店舗から車で約5分の距離にある「月の舎」という、可愛らしいカフェ(*^▽^*)
行ってみると、大分の中心地から離れているとは思えないような盛況ぶりでした(平日の夕方なのに)!
月の舎 外観
住所:大分県豊後大野市三重町小坂4165−1

店内は2〜4人がけのテーブル席が10以上と広めのカウンターがあり、外にはテラス席もありました♪
某グルメサイトにも幾多のレビューがある通り、「パンがおいしい!」と有名らしく、この日わたしたちの周りのお客さんのテーブルにも笑顔が咲いていましたよ♪

「こっそりインタビュー後に買って帰らねば…」と目論んでいたんですが…
そこは人気商品。帰り際には完売となっていました (´;ω;`) サスガ…
次回リベンジしたいと思います!

惜しくもパンの写真は撮れなかったので、月の舎さん公式のInstagramを参考にしていただければと思います…!とにかくインスタ映え! アァ…よだれが…。

クリスマスオードブルのご予約も受付中とのこと!詳しくはインスタ投稿をチェック♪
https://www.instagram.com/p/BqrYKnVBUIG/

実は、月の舎とダエンのオーナーさん同士はお知り合いだそう。
ご挨拶も兼ねて「SEATとはなんぞや?」というご説明をさせていただいたんです。。
すると、「おもしろそう!うちもやりたい!」とのお言葉を頂戴しました!ノリが良い!
来年からの全国展開で、SEATの加盟店になってくれそうなんです(*^▽^*)

ダエンさんとの野菜コラボとか面白そうですね。。
どんなプランが実現するかは、全国版のリリース時をお楽しみに♪

うっかりカフェとパンに魅了されてしまい、いつのまにか月の舎さんのご紹介になりつつありましたが… これはダエンさんへのインタビュー記事でした!

ハイパーな八百屋、ダエン
今回は、ダエンを運営されている「有限会社新生クリーンサービス」の代表、玉田さんにお話をうかがいました!
ダエン オーナー 玉田直也さん
<玉田さんのご紹介>
大分出身。大学進学時に上京、就職で大阪へ。大阪では主に飲食店向けのコンサルティングをされていたそうです。
そこで培った様々なノウハウをベースに、「大分の野菜や果物を県外視点で見れば、 “九州” という強いブランド・付加価値があるわけで、それを最大限活かせれば、より広範囲に売っていくことができるのではないか?」と思い立ち、大分に帰って来られたそう。

そして、後に世の中を騒がせることになる八百屋、「ダエン」がスタートするのです。。

「ダエン」の名前には、ある人物の影響が…
早速飛び出す、わたしの素朴な疑問…「“ダエン”っていう店名の由来は何でしょう?」

玉田さん曰く、本当は『名無しの八百屋』として、名前を付けないような感じでお店を始めようとしていたそう。
しかし、「名無し…はあんまりじゃない?」と、玉田さんのお母さまが登場。
「名前が無いのは良くないわ」という話に。

そんな玉田さんのお母さまは、以前からなぜか “楕円形” をこよなく愛するキャラだったとか。そこから、楕円(英語:oval)を由来とした「オーバル」という名前を激推しされたとのこと。。
「八百屋に “オーバル”はなんだかちょっと微妙…」と渋った玉田さん。
「…そんなら、 “ダエン” じゃね?」となり、今の名前に落ち着いたそうです♪

突如登場したお母さん…! まさかそんなネーミングの裏話があったとは…!

「地産地消」ではない!「地産他消」だ!
そんな玉田さん。これからの夢を熱く語ってくれました!

ご紹介のところでも少しお話ししましたが、「九州の野菜は、県外から見れば付加価値を持っている」という、素直な県外目線での考えのもと、その付加価値を最大限に利用するという意味での、「“地産他消” をしていきたい!」と熱く語っていただきました!

*地産他消とは…
地元九州で採れたものを地元九州でそのまま消費するのは地産地消だが、それだと地元で留まってしまってブランド価値を活かせない。「地産 “他” 消」という言葉どおり、地元九州で採れたものを九州以外の場所で(海外も視野に入れて)ブランドを存分に活かして売っていきたいとのこと。同じ野菜でも、色形が少し悪い程度で廃棄されていく現実にも、生産者側の想いを胸に立ち向かわれています。

「この地産他消が当たり前になるように、日本国内の流通だけでなく、世界に向けて地元九州の野菜が届けられるような仕組みにしていきたい!」とのことでした。

そんな熱い想い・パッションがほとばしる玉田さん。
いつもブログやSNSを使って、ふと考えたこと・強く考えていることなどを、日々発信しているんだとか…!
玉田さんがどんな人で、どんなことをしているか… こちらでお読みいただけます♪

あまりに熱い玉田さん、言いたいことが積み上がり、いてもたってもいられなくなり…
とうとう、こちらの記事のように、自主企画「もしも取材をされたら…」という、自作自演の取材ブログを書き下ろしたそう!

えんぴつだったら、5Bぐらいの濃さで書かれたような強力なエネルギー!(おもしろいアイデア満載です。わたしも真似させてもらおうかと思います!)

SEATで世の中を騒がせたダエンさん、やはり玉田さんのようにパワフルでユニークな方が企画・運営されていたんですね♪

SEATは広告である!?
九州大分にある緑豊かな豊後大野市は、野菜や果物を「美味しそう!」と思わせる効果は抜群な立地ですが…。
県内の大分市からでさえ、「行く・行ってみる」という話になると、途端に距離的なハードルを高く感じてしまいます。

ダエンさんは、九州の野菜はおいしい!という付加価値がついていることを大前提に、立地的なマイナス面を逆手にとって、「毎日定額で野菜・果物取り放題!」という、お客さんが良い意味でびっくり仰天する "嬉しさ" を提供することで、「まぁ、小旅行もたまにはいいかな…!」みたいな方向に変えてしまったのです!

プラン内容は、店舗側だけでなくお客さんが考えても、「無謀では…?」と思われがちですが…
コンサルティングを経験された玉田さんは、
「商品管理などに関わるお金の計算やお客さんの動きが理解出来ていれば、予測も立てられます。結果的に広告としても直接的な収入としても想像以上の大成功でした!」
と言い切られていました。確かに、新聞・ニュース・SNSなど… ダエンありきでたくさん騒がれましたからね。。すごい!

SEATのこういった活用法は、他の人気店(例えば、¥1000で晩ごはん毎日食べ放題の「LAFF+」さん)でも同じことを仰られていました。これは、私達にとっても大きな学びです!

この辺りは長くなりそうですので、また別の記事でお送りしたいと思います!

まとめ
大分県内とは言え、大分市から豊後大野市までちょっとばかり距離はあるかとは思いますが、道のりは案外スムーズですし、途中ご紹介した素敵カフェ「月の舎」さんもありますので、お買い物帰りにちょっとひと息ついたりもできますよ!(来年両方ペイレスになるといいですよね!)

緑に囲まれた豊後大野のパワーを全身で吸い込んで育った、新鮮で美味しい野菜や果物も、SEATを使えばお財布いらずで毎日取り放題!1回で1,000円分なんて余裕で袋に詰め込めちゃいます! (^o^) 3回以上からは、もはやボーナスステージ!!
使い方次第で、SEATの終了までに余裕で元が取れちゃうのでは…?
近所のスーパーで野菜の値札に落胆する日々とは、もうさよならです!

鍋に、おでんに、常備菜に… あなたの食生活を定額の野菜が変えていく。
小さなダエンさんのどデカいプランは、こちらをご覧ください。

それではまた♪

Share it

  • はてなブックマーク

2018.12.10

カテゴリー