イジゲンイジゲン

お知らせ

イジゲン、ザイナスと資本業務提携を実施|役員人事および新経営体制に関するお知らせ

イジゲン株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役CEO:鶴岡 英明、以下「イジゲン」)は、2020年5月11日付で、株式会社ザイナス(本社:大分県大分市、代表取締役社長:江藤 稔明、「以下「ザイナス」」)と資本業務提携を実施いたしましたので、お知らせいたします。ならびに役員人事および新経営体制についてのご報告をいたします。
両社とも大分県に本社を構える企業として強固に連携し、それぞれの強みとノウハウを合わせることで、クライアントの皆様へ更なる付加価値の高いサービス提供に努め、引き続き地方発スタートアップのロールモデルといわれる存在を目指します。

ザイナスとイジゲン

■資本業務提携の背景
イジゲンはこれまで中小・個人事業者様をITを活用してサポートすることをメイン事業としておりましたが、今後さらにクライアントの皆様に寄り添い、新たな価値を共創していくために当該パートナーシップを締結することが最善であると判断いたしました。
今後も、イジゲンがこれまで提供してきたサブスクリプション・サービス「always https://always.fan/ 」、CtoBの疑似マイクロファイナンスサービス「Payf (ペイフ) https://payf.jp/ 」はサービス継続いたします。

※「always」は新型コロナウイルス感染症防止対策のため、サービスを一時休止中。
※「Payf(ペイフ)」は現在、加盟店舗登録が可能。2020年5月中にユーザー登録、その後、サービス利用開始ができるよう開発中。

【ザイナス代表 江藤氏のコメント】
ザイナスは、企業向けITコンサル事業やシステム開発事業、IoTやAI、ビッグデータ分析を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)支援など、企業活動や情報分野に特化した事業領域に注力してきました。一方、イジゲンはコンシューマ向けサブスクリプションサービスを始め、WEBサービス構築やFinTechなど、モバイルサービスに特化した事業領域を強みとしています。この両社のノウハウを融合することにより、BtoBtoCのすべての領域でのシステム構築が可能になります。これまで以上にお客様とともに発展できる「技術」と「サービス」を提案できる体制が整いました。また、ザイナスが推進しているイノベーター養成プログラム「おおいたイノベーターズコレジオ」と、イジゲンが参画しているWEBエンジニア育成プログラム「OITA CREATIVE ACADEMY」の実績をもとに、今後は学校法人ザイナスアカデミー(旧田北学院)にてIT人材育成コースの新設も検討していきます。どうぞ、ご期待ください。

【イジゲン代表 鶴岡のコメント】
ザイナスは、2014年から株主としてイジゲンの経営に関与していただいており、今回その関係性を更に強固に出来たこと、大変嬉しく思います。
イジゲンと同様大分県が本社があるザイナスと協力し合いながら、地方から日本を代表する組織を創ることに今後も引き続きコミットしてまいります。

■役員人事および新体制について
2020年5月11日よりイジゲンの各領域の最高責任者(CxO職)を以下に設置いたします。

代表取締役会長 江藤 稔明
1962年生まれ、大分県出身。
大分県立杵築高校を卒業後、新日本製鐵株式会社大分製鐵所に入社。システムエンジニアとして開発経験を積んだ後、システム開発会社の役員経験を経て、2000年に有限会社ザイナス(現株式会社ザイナス)を設立し同代表取締役社長に就任。「(人)材は財を成す」を信念として、事業と雇用の拡大、M&Aによる企業買収を経て、社員数170名のグローバルなITソリューションカンパニーに成長。現在、ピットメディア・マーケティングス株式会社代表取締役社長、学校法人ザイナスアカデミー理事長、株式会社ザイナスプロモート代表取締役社長、イジゲン株式会社代表取締役会長、大分経済同友会常任理事を兼務。事業の他、大分からイノベーションを生み出す人財育成を目的に「おおいたイノベーターズコレジオ」を開講し運営している。

取締役CEO 鶴岡 英明
1983年生まれ、大分県出身。
東京でSIerやITベンチャー、フリーランスを経験後、2011年の東日本大震災のあとに株式会社アラタナ福岡支社(アラタナ研究所)に参画し、ソーシャルコマースサービスを開発。 その後、ITベンチャーの株式会社モアモストの取締役として大分に戻る。
2013年11月にイジゲン株式会社を創業。2018年4月、ベトナムのホーチミンに子会社 イジゲンVOYAGER株式会社を設立。同年11月に子会社 イジゲンBULID株式会社を設立。
2019年4月からサブスクリプションプラットフォーム「always」を、2020年4月からCtoBの疑似マイクロファイナンスサービス「Payf (ペイフ)」を開発・運営。

取締役COO 髙村 純一
1977年生まれ、福岡県出身。
2004年paperboy&co.(現GMOペパボ株式会社)に入社、韓国出張所の設置、ムームードメイン事業本部長、国際化推進部部長、プロモーション戦略室室長を経て、minne東京チームを立ち上げ、神戸市と提携しアトリエの開設、東京ビックサイトでのイベント開催やTVCM制作責任者などを行う。
2016年株式会社CAMPFIRE取締役に就任。東京海上日動と共同で日本初となるクラウドファンディング保険を開始。新規事業の開設や資本業務提携等を行う。2019年3月同社監査役就任。
2019年6月にイジゲン社外取締役、2020年4月より同社取締役に就任。

取締役CFO 鍋島 佑輔
1983年生まれ、福岡県出身。
公認会計士。
2010年有限責任監査法人トーマツ入所。
上場企業の会計監査、IPO支援に従事後、デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社のマネージャーとして九州地区を中心としたスタートアップ企業のハンズオン支援、大手企業のオープンイノベーション/新規事業開発支援及び官公庁のスタートアップ政策立案に従事。

取締役CTO 家長 真大
1993年生まれ、大分県出身。
2016年夏からイジゲン株式会社に学生インターンとして参加。アプリケーションエンジニアとしてアプリ開発などに従事。
2017年4月から新卒で入社し、インフラエンジニアとして開発業務全般を行う。
2019年に中小企業向けWEBシステムの受託開発を担うイジゲンBUILD株式会社に転籍し、もう一つのイジゲン子会社 イジゲンVOYAGER株式会社との連携サポートのため、ベトナム駐在で開発業務を行う。
同年12月にイジゲンBULID株式会社の代表取締役CEOに就任。

取締役CSO 三好 紀宏
1978年生まれ、大分県出身。
外資系製薬会社へ勤務後、地方金融機関に転籍。クレジットカードのインフラを通じて地域におけるキャッシュレス推進を実施。地域通貨や震災時の復興への取り組みとして、大分県発行の復興商品券及び大分市発行の地域商品券の立ち上げから運用までを責任者として担当。
上場IT企業の決済事業部の立ち上げに関わった後、2019年イジゲン株式会社へ入社、同年6月執行役員へ就任。
2020年1月から子会社イジゲンBULID株式会社取締役に就任。

監査役 弓田 桂三
1963年生まれ、大分県出身。
大分県立杵築高校、大分大学経済学部卒業後、大分県信用組合に入社。中津支店配属後、本店経理部で経理業務、有価証券運用業務に携わる。
1997年にソニー生命株式会社大分支社に入社。営業職を経験後、江藤社長とのご縁(杵築高校出身)があり、2007年に株式会社ザイナス入社。管理部門業務(経理、総務、売上・原価管理)を経験し、現在取締役常務執行役員管理本部長を務める。

■ザイナス 会社概要
社名  :株式会社ザイナス
所在地 :大分県大分市金池南1丁目5番1号 コレジオ大分5階
設立  :2000年5月
資本金 :7,200万円
代表者 :江藤 稔明
事業内容:コンピュータソフトウェア開発、各種パッケージ販売、ITエンジニアソリューション、Webソリューション、産学官連携による共同研究開発、ホームページ制作、企業コンサルティング業
ホームページ:http://www.zynas.co.jp/

■イジゲン 会社概要
社名  :イジゲン株式会社
所在地 :大分県大分市金池町2丁目1番10号 ウォーカービル大分駅前3階
設立  :2013年11月
資本金 :4億4,451万6,000円(資本準備金を含む)
代表者 :鶴岡 英明
事業内容:CtoB 預り金のスマホ決済サービス「Payf (ペイフ)」の開発・運営
     サブスクリプション・プラットフォーム「always」の開発・運営
ホームページ:https://ijgn.jp/


ザイナス株式会社
担当 :畔上(あぜがみ)
メール: koho@zynas.co.jp


イジゲン株式会社
担当 :佐藤(さとう)
電話 :090-1260-2764
メール:pr@ijgn.jp

Share it

  • はてなブックマーク

2020.05.15

カテゴリー